ドライバーの求人を雇用形態で選ぶメリット

正社員のドライバーはキャリア形成を図りやすい

雇用形態にこだわってドライバーの求人を選ぶ場合には、自分の年齢やスキル、キャリアプランなどに合わせて働きやすいといったメリットがあります。例えば、正社員のドライバーは基本給や手当、ボーナスなどの面で派遣やパートのドライバーよりも恵まれているだけでなく、スキルや経験年数に応じて教育を受けることも可能です。そのため、ドライバーの仕事を長く続けて社内で出世をしたい人や、将来に向けて運転技術やマナーを磨きたい人は、正社員の待遇が良い会社を勤務先に決めるのがおすすめです。最近では、正社員のドライバーを対象に、定期的にキャリア形成に役立つ研修の機会を設けている会社も増えているため、就職活動中にじっくりと会社ごとの取り組みを調べておきましょう。

パートのドライバーは子育てや家事との両立をしたい人に人気

パートのドライバーの働き方は、正社員と比べて給料は低くなるものの、勤務をする時間帯や曜日の希望が通りやすく、子育てや家事との両立をしたい人にとって大きな魅力があります。幅広い年代のドライバーが在籍する会社の中には、パートのドライバーを確保するために勤務シフトの見直しを定期的に行ったり、仕事上で必要な免許の取得のサポートをしたりしているところも多く見られます。そのため、正社員として働くことを希望しない人は、求人選びをする際にパートのドライバーが活躍しているところや、採用後の教育制度がきちんと整っているところを優先的に探してみましょう。その他、長時間労働をするのが難しい人は、面接時に繁忙期の残業の有無についても確認しておきましょう。

ドライバーの募集は、ウェブ上では各種求人サイトやアプリ等で見つけることができます。また、ハローワークといったリアルで情報収集する場所もあります。