ドライバーの求人を勤務時間で選ぶメリット

自分のライフスタイルや家族の事情に合わせて働くことできる

ドライバーの求人を勤務時間で選ぶ場合には、自分のプライベートの時間の過ごし方や、配偶者や両親、子どもなど家族の事情に合わせて働けるといったメリットがあります。最近では、大手の運送会社を中心にドライバーが長く働けるよう、ワークライフバランスの考え方を取り入れたり、勤務時間の希望に柔軟に対応したりしているところが目立ちます。また、女性のドライバーの在籍数が多い運送会社においては、出産や子育てのために休職をしているドライバーを対象に、職場復帰後に時短勤務ができる環境を整えているところもあります。 なお、同じような業務を担当する場合でも、勤め先によって勤務時間に大きな違いが見られることもあり、求職中にじっくりと気になる会社のドライバーの働き方について調べておく必要があります。

地域密着型の配送業者は短時間勤務ができるところも多い

地域密着型の配送業者の中には、一年を通じて短時間勤務ができるところが多くあり、様々な事情のためにフルタイムで仕事をするのが困難な人や、定年退職を迎えた人も働きやすくなっています。また、こうした業者の中には、勤務時間を自由に選べるだけでなく、一定の条件のもとで土日祝日の勤務が免除されることもあり、小さな子供を育てている人や、自宅で親の介護をしている人も安心です。 配送業者のドライバーの勤務体系については、勤め先の会社が扱っている事業の種類や仕事内容などに左右されるため、しっかりと会社ごとの特徴を理解した上で就職を決めるのがポイントです。一般的に、短時間の勤務を希望する場合は、フルタイムと比べて収入が低くなる傾向が見られるため、給料にこだわる人は注意しましょう。

運転手の求人の内、軽貨物ドライバーは運送会社と業務委託契約を結ぶ個人事業主になります。報酬は業績で決まります。