ドライバーの求人を雇用形態で選ぶポイント

定年まで働く気がある人は正社員の昇給額もチェック

ドライバーの求人を雇用形態で選ぶ人は少なくありませんが、定年まで同じ会社で働き続けたい人は、正社員として働けるところを勤務先の候補に決めることが大切です。また、将来的に待遇面で不満が出ないよう、求職中にそれぞれの運送会社のドライバーの基本給や手当の金額だけでなく、昇給額にも目を向けて、どのくらいのベースアップが期待できるか判断するのがおすすめです。最近では、優秀なドライバーの人材流出を防ぐために、定期昇給だけでなく、個々のドライバーの勤務成績や顧客からの評価に応じて随時昇給を行っている運送会社も増えています。また、正社員の昇給の基準は会社ごとに大きな差があるため、分からない点があれば採用面接の場で担当者に説明を受けましょう。

勤務時間や曜日にこだわりたい人はパート勤務ができる会社に注目

ドライバーの仕事に興味があるものの、育児や親の介護など様々な理由のために正社員で働くのが難しい人は、パート勤務ができる運送会社を探すのがおすすめです。様々なバックグラウンドを持つドライバーを迎え入れている運送会社の中には、ドライバーが無理なく働けるよう、勤務時間や曜日の希望に応じているところも多くあります。ドライバーの定着率が高い会社においては、パートのドライバーに限り残業を免除したり、休日出勤の対象外としたりしているところも少なくありません。なお、パート勤務を希望する場合には、会社によって正社員と異なり業務手当やボーナスが支払われないこともあるため、就職活動中に待遇面の条件が良いところを見つけることが大事です。

運送業は、現役ドライバーの高齢化や業務の幅が広がっていることから、需要が高まり続けています。そのため、運送業の求人は多く出されています。