ドライバーの求人を雇用形態で選ぶデメリット

業績があまり良くない会社は正社員でも低収入のところが多い

ドライバーの求人を雇用形態で選ぶ場合には、正社員であっても勤務先の経営状態や人事のシステムによって収入額に大きな差が出ることもあるため注意が必要です。たとえば、長年にわたり業績が低迷している運送会社の中には、正社員の基本給が低く設定されているところや、残業代が支払われないところも珍しくありません。また、通勤手当の限度額が低かったり、扶養手当や家族手当が無かったりする会社もあり、長く働くにつれ待遇面で不満を抱いてしまう人もいます。こうした問題を防ぐには、求人探しをする時に雇用形態だけでなく、志望企業の過去数年間の経営状態の良し悪しを確認するのはもちろん、ドライバーの定着率が良いところを就職先の候補に選ぶことがポイントです。

人手不足の職場ではパートでも残業や休日出勤を命じられることも

人手不足の運送会社の営業所でパート勤務のドライバーとして働く場合には、ドライバーの在籍数や勤務シフトによって、残業や休日出勤を命じられるケースも少なくありません。特に、荷物の量が多いシーズンには、雇用形態に関係なく長時間労働が常態化したり、希望通りに休みが取れなくなったりすることもあるため、無理なく働きたい人は採用前に担当者とよく話し合うことが大切です。また、中小規模の運送会社では、非正規雇用のドライバーが中心となって日々の業務を担当しているところも多く、パート勤務であっても給料に見合わない重要な業務を任されることもあります。そこで、自分のペースでドライバーの仕事を続けたい人は、それぞれの会社の特色を理解した上で採用選考を受けることが肝心です。

ドライバーの派遣会社には、法人向けの求人を扱っている会社があります。具体的な業務内容は、役員運転手です。