ドライバーの求人を勤務時間で選ぶデメリット

勤務時間内に仕事を終えられないこともある

勤務時間を基準にドライバーの求人を探している人もいるかもしれません。それが悪いこととは言えませんが、勤務時間を基準に選ぶことでデメリットが生じるケースもあります。例えば残業代の問題です。ドライバーは必ず勤務時間内に仕事を終えられるとは限りません。渋滞に巻き込まれてしまうと会社に戻るまでの時間が長くなることもありますし、そもそも荷物を届けるまでに時間がかかってしまうこともあります。このような予期せぬトラブルが原因で勤務時間をオーバーしてしまうケースがあるので、「みなし残業」が適用されるパターンも珍しくありません。しかし、みなし残業が適用された場合、想定されている残業分しか残業代が上乗せされないことが多いです。想定以上の残業時間になっても給料が増えない可能性もあるので注意が必要だと言えます。

求人に書かれている時間よりも働かなければならないこともある

ドライバーの求人に掲載されている勤務時間は、会社が想定している勤務時間であるという認識を持っておいた方がいいでしょう。繁忙期には求人に記載されていた勤務時間よりも長く働かなければならないこともあります。定時で帰りたいと考えている人は、その点も考慮して求人を選ぶ必要があるでしょう。また長距離ドライバーの場合は泊りがけで荷物を運ぶパターンが多いので、求人に記載されている勤務時間をオーバーしてしまうことも珍しくありません。 求人によっては、そもそも短距離ドライバーや中距離ドライバーの勤務時間しか書かれていないこともあるので、長距離ドライバーとして働きたい人は注意が必要です。勤務時間だけで求人を選んでしまうと、歩合制だと知らずに働いていて給与が少なく感じるというパターンもあります。